@東京都オタ区

@東京都オタ区 @TOKYO-TO, WOTA-KU ★上のブログタイトルをクリックするとTOPに戻ります。Return to the TOP If you click on the blog title above. ★主にTVゲームのプレイ日記や解説をしている個人ブログです。その他読書やアニメーション作品・映画に関する感想などを書いています。This is a personal blog that has commentary and play diary of TV game primarily. I am writing the impressions about animation, movies and reading other.
<< 世界でいちばんダサい銭形平次 ほか | TOP | 金髪にヒゲを生やした西川貴教がT.M.Revolutionの名曲を熱唱! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
| - | - | -
「しょし」とは、フィンランド版の「YMCA(ヤングマン)」、およびその歌手の俗称。
 
しょしとは、フィンランド版の「YMCA(ヤングマン)」、およびその歌手の俗称。 歌手を指す場合はヴォーカルであるエスコ・ニックを指し、「しょし氏」などという表現も見られる。
 
概要
VillagePeople・西城秀樹でおなじみの「YMCA(ヤングマン)」を、フィンランドのバンド・グレゴリウスがカヴァーした「NMKY」(エヌエムコイ)の歌い出しの部分が「しょし」と聞こえることによる。

 
グレゴリウスのヴォーカルであったエスコ・ニックによれば、この曲は当時放送されていたお笑い番組の中の、ヒットソングをカヴァーするというコーナーで用いたネタであったという。カヴァーにしては原曲からかけ離れすぎ、実質お笑い映像となっているのもそのためと考えられる。ただし、発表当時は軽く流され、ほとんど注目されなかったという。
 
しかし30年近く経った現在になって、本家と比べてあまりにもしょぼいサウンド、ランニングに短パン姿でヴォーカルからダンサーまでみんな腰くねくね、やる気のなさそうなベースやギターなど、「YMCA(ヤングマン)」とはかけ離れた爆笑ものの雰囲気がネット上で人気となり、ニコニコ動画やYouTubeでもこの音源を用いたさまざまな動画が上がっている。
 
なおグレゴリウスのバンドメンバーは、エスコ・ニック(Esco Nick,ヴォーカル)、ヘイッキ・ローリア(Heikki Laurila,ギター)、オリ・アーヴェンラーティ(Olli Ahvenlahti,キーボード)、ペッカ・ポホヨラ(Pekka Pohjola,ベース)、ナッピ・イコーネン(Nappi Ikonen,ドラムス)である。ヴォーカルのエスコ・ニック以外は、全員著名アーティストである。
 
エスコ・ニックは現在ヘルシンキのレッパバーラ図書館で司書を務めており、「しょし」が「ししょ」になったなどと言われている。他のメンバーはめいめいに活動を続けているが、ペッカ・ポホヨラは2008年に死去した。
なお、「しょし」タグがつけられる場合、セットで「ヒデキ惨劇」のタグも付与される。
(ニコニコ大百科より)
 
 
「しょし」ってどっかで聞いた記憶があったけど、これのことだったのか。何年も前から有名な動画だったのね。ぜんぜん知らなかった。YouTubeを観て行くと他所の国の言語でも色々やってるみたいだ。あと、こういうのを「シンクロムービー」と言うことも今初めて知った。なんかTVでインド映画の「シンクロムービー」やってたみたいだけど、これは「世界でいちばんダサい」シリーズの方が圧倒的に下らなくて面白いと思った。
 
 
 
JUGEMテーマ:インド映画
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
14:06 | 雑 記 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
14:06 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック