@東京都オタ区

@東京都オタ区 @TOKYO-TO, WOTA-KU ★上のブログタイトルをクリックするとTOPに戻ります。Return to the TOP If you click on the blog title above. ★主にTVゲームのプレイ日記や解説をしている個人ブログです。その他読書やアニメーション作品・映画に関する感想などを書いています。This is a personal blog that has commentary and play diary of TV game primarily. I am writing the impressions about animation, movies and reading other.
<< ソックス・ハンターという生き方 | TOP | 銀色巨大宇宙人、美少女だらけの戦闘民族、イカ星人、その他 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
| - | - | -
親友でいよう。結婚は死が二人を別つまでって奴だが、親友は、例えどちらかが死んでも親友だ。(若宮康光)
評価:
---
ソニー・コンピュータエンタテインメント
¥ 9,000
(2000-09-28)

 ガンパレードシリーズをプレイした順番は「絢爛舞踏祭」→「ガンパレード・オーケストラ3部作」→「高機動幻想ガンパレード・マーチ」である。そして好きな順番は「ガンパレード・オーケストラ3部作」→「絢爛舞踏祭」→「高機動幻想ガンパレード・マーチ」である。
 
 マーチのファンには申し訳ないが、いかにマーチがエポックメイキングな作品であると理解できても所詮はPSクオリティーであって、ファンの人間がとくに書かない不備不満点はけっこうあった。それらを総合的に判断すると、正直言ってガンオケが一番完成度は高いと思う。好き嫌いだけの問題じゃない。
 

 
 ただし、ガンパレードのシリーズ作品はすべて基本的にシミュレーションゲームとして新しいゲーム性を模索したことによって、ライトユーザーには、かなり取っ付きにくいゲームになっていることは否めない。それはマーチも絢爛もガンオケにも共通することであって、それを差し引いて考えれば、いかにストレスなくプレイしやすいかという点においてPS2で作られた2本の方がずっと快適にプレイできたし、画像もクリアで見やすかった。(最もゲーム性の分かりにくい「絢爛舞踏祭」でさえも理解すると他にはないスルメゲーになる。ちゃんとラスボス倒してエンディング見たよ)
 
 また、NPCとのコミュニケーションの難しさというのは、ある意味このシリーズすべてにおけるゲームの肝であって、ガンオケがとくに難しいということはないと思う。そういう意見を言っている人は、基本的にほとんどやり込んでいない。最初からつまらないと思いながら我慢して1周しても分からないと思うが、NPCの攻略にはどの作品にもちゃんと方法論があって、決まりごとが分かれば何も難しいことはない。ガンオケでもNPCの「友情」「愛情」「信頼」3つの感情を自由に上げたり下げたりすることが意図的に可能なように作られている(ただし「白」「緑」「青」はそれぞれバランスが変更されている)。
 
 世界観が分かりにくいので知らない人間がプレイするとつまらないだろうと言う意見もよく聞くが、それは誤解。例を挙げるなら「エヴァ」人気がアニメファン以外に浸透するキッカケを作ったのが、その謎の多い世界観だったように、個人的には「絢爛舞踏祭」の中に設定されていた「ガンパレード・マーチ」からの数々のキーワードに導かれて「ガンパレード・オーケストラ3部作」をプレイする気になったし、その後に「ガンパレード・マーチ」をプレイしたいという欲求にも繋がった。(※マーチはキャラ全員を攻略していないがSランクをゲットするまではプレイした)
 
「ガンパレード・オーケストラ3部作」でとくに面白かった部分は、NPCの感情を高めることによって明らかになってゆく各キャラクターが物語るセリフや人物背景。このキャラクター攻略は基本的にほとんど恋愛状態までNPCの感情を上げなければいけないので、せいぜい1周に一人か二人。それ以上やろうとすると色々問題も出てくる。エンディングでは必ず一番親しくなったキャラクターとのドラマが描かれるので、ちゃんと物語を楽しんでプレイしたいなら、やはり浮気せず一人にしぼって1周することをお勧めする。(ドラマ的なシナリオの面白さや完成度は「緑」「青」だが「白」の東北雪国生活も捨てがたい魅力)
 
 この「ガンパレード・オーケストラ3部作」では、驚くほどやり込まないと味わえない多くの隠されたドラマや設定があり、それに遭遇した時の感動こそが他に換えられない大きな魅力である。個人的にはガンオケ3本と、攻略Wikiの膨大なプリント片手に隅々までプレイし尽くしてから評価を語れと言いたい。(「青」で最高難易度ゲームまではクリア。分かる人には分かるやり込み度)
 
 そうは言っても初心者にはなかなかに手強いゲームだが、「白」「緑」についてはクリア後のセーブデータからの2周目以降は「金の延べ棒」というお助けアイテムが拾える。これをネットで売っぱらえば最初から50万円入手できてゲームの進行もかなり楽になるはず。それと成長させたプレイキャラは2周目以降ずっと能力と技能を継承していくので、とにかく1周目はキャラクターを徹底的に成長させて、なんとかクリアする。すべての能力と技能を完全なものにすれば、人間以上の存在=スーパーヒーローとして、数々の超能力によってプレイは格段に楽しく没頭できるものになるはずである。(「白の章」教室の中には常にストーブの上で沸くヤカンの音、鳥の声、遠くで電車が走り去る音、ラーメン屋台 etc.)
 
※すでに5年ほどガンオケ3本を取っ替え引っ替えプレイし続けている。まだ10年は楽しめると思うが本音は新作がやりたい。
 
▶ガンパレード・オーケストラ 白の章/SCE/PS2
▶ガンパレード・オーケストラ 緑の章/SCE/PS2
▶ガンパレード・オーケストラ 青の章/SCE/PS2
 

JUGEMテーマ:ゲームノカンソウ
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
03:48 | ガンパレード | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
03:48 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック