@東京都オタ区

@東京都オタ区 @TOKYO-TO, WOTA-KU ★上のブログタイトルをクリックするとTOPに戻ります。Return to the TOP If you click on the blog title above. ★主にTVゲームのプレイ日記や解説をしている個人ブログです。その他読書やアニメーション作品・映画に関する感想などを書いています。This is a personal blog that has commentary and play diary of TV game primarily. I am writing the impressions about animation, movies and reading other.
<< Feist "1234" in セサミストリート | TOP | 中二病という言葉がこれほど相応しい独白を他に知らない。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
| - | - | -
みんなにとっての神ゲーは? = “神”の名に恥じない永久不変のゲーム性

 “神ゲー”の正式な基準があるのかどうかは知らないが、自分の考える“神ゲー”というのは、ただ“面白かった”というだけでは例え過半数のプレイヤーたちがそう答えたとしても不足と考える。具体的に言うと、自分がFCから数十年様々なジャンルのゲームを手にして来た中で最もお気に入りのマイフェバリットのゲーム=好きなゲームは、必ずしも“神ゲー”には当てはまらない。
 “神ゲー”はもちろん面白くなくてはいけないが、同時に“糞ゲー”にも通じる他にはない強烈な独創性があるべきだと思う。ようするに狂人と天才が紙一重ということわざに当てはまるような類いの作品でなければならない。万人が熱中できるような大人気シリーズなんていうものは、ただのベストセラーであって“神ゲー”という括りには相応しくない。
 また“神”と名前が付くくらいだから普遍性や半永久的に遊べるようなゲーム性が問われる。つまり「将棋」や「囲碁」のような生涯付き合える汎用性があって欲しいが、そこまでは難しいと思うので、せめて繰り返し何度遊んでも飽きずに何年もプレイできるようなゲームであるべきだと思う。
 
 自分のマイフェバリットゲームの中でその基準に最も近いと思われるのがPSで1995年に発売された「カルネージハート」。たぶんこのゲームをプレイした経験のある人の大多数が“糞ゲー”と捉え、一部の熱狂的な変人たちが“神ゲー”と認識したゲームだと思う。(詳細はWikiで「カルネージハート」を参照)
 このゲームの内容は基本的に戦略シミュレーションゲームの変わり種と思われ、その時点ですでに人を選ぶゲームなのだが、戦うユニットの性能が自分の考えた行動ロジックによって決定づけられるという、ある意味「ポケモン」や「ドラゴンクエストモンスターズ」の育成RPG的な達成感に通じるものがある。ただしその戦うユニットであるロボット兵器たちの頭の良い悪いを決定するのはプレイヤー自身の組み上げるプログラムであるため、バカな動きしかできずに敗退するとスポーツで負けた時のような悔しさを覚える。
 「アーマードコアシリーズ」も大好きなので似たような設定のAI対戦シミュレーション「アーマード・コア フォーミュラフロント」も一通りプレイしたが、あれはAIの方向性をなんとなく決めるだけであって、ロボットが行動するロジックそのものを組み立てているわけではないので全然違う。
 自分は作った経験がないので果たして例え話として適切かどうか自信はないが、電子工作などで作るロボット玩具が自分の想い描いた通りに動き回った時の感動、それこそが「カルネージハート」を夢中になって果てしなく遊びつづけさせてしまう原動力。
 「カルネージハート」というゲームの中に登場するロボットたちは、人間のために代理戦争を行う自律兵器という世界設定で、ゲームとしては一定時間(数分)、様々な障害物のある決められた広さのマップの中で3体VS3体の戦闘を行うが、その前に何度もプログラムを修正しては模擬戦闘を行って自分の満足のいくまで試行錯誤を繰り返すことができる。
 そしてここが一番重要なところだが、発売当初から17年目の現在まで、このプログラムの組み方の難しさがいつもプレイ初心者を苦しめる一つの壁となっているので、楽しめるところまで行き着くには相当の覚悟が必要。自分自身も第一作を購入した時に一度は諦め、1ヶ月ほど試行錯誤してようやくゲームシステムを理解したくらいである。そしてそれ以降は、仕事中までノートにロジックをメモして考えてしまうという恥ずかしい遊び方に没頭しつづけた経験がある(まるで将棋か囲碁の手を考えるように)。
 興味を持った人は、YouTubeやニコ動など動画サイトで沢山プレイ動画を眺めてから購入を考えることをお勧めする。レビューを読むと最新作「カルネージハート エクサ」(未プレイ)が最も初心者にも分かりやすい親切設計ようだが、それでも挫折者はあとを断たないのがこのゲームである。
 ちなみに個人的に最も好きなのは「EZ」と「ゼウス」。SFイラストレーターとして著名な横山宏氏によるシンプルで無骨ときには生物的な印象の多数のOKEデザインが第一作からずっと健在だったが、最新作ではそこに初めて別の人が新OKEをいくつかデザインしている(ちょっと期待はずれ)。
 またそれとは別に「エクサ」はシリーズで初めてプログラムによる自律戦闘以外にプレイヤー自身の操作による戦闘も可能になった。
 
◎鋼鉄の遺伝子、胎動す。(元祖PSカルネージハートの解説)
 
 
 
いまだに思い出して始めると寝る間を忘れるほど没頭する旧作群。
 
▶カルネージハート/アートディンク/PS
 
▶Carnage Heart EZ/アートディンク/PS
(※カルネージハートのマイナーチェンジ版)
 
▶ゼウス カルネージハートセカンド/アートディンク/PS
(※PC版もある)
 
▶ゼウス2 カルネージハート/アートディンク/PS
 
▶カルネージハート ポータブル/元気・開発アートディンク/PSP
(※ダウンロード版も販売されている)

 
みんなにとっての神ゲーは?  
 
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
02:03 | カルネージハート | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
02:03 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yokozawa.jugem.jp/trackback/594
トラックバック