@東京都オタ区

@東京都オタ区 @TOKYO-TO, WOTA-KU ★上のブログタイトルをクリックするとTOPに戻ります。Return to the TOP If you click on the blog title above. ★主にTVゲームのプレイ日記や解説をしている個人ブログです。その他読書やアニメーション作品・映画に関する感想などを書いています。This is a personal blog that has commentary and play diary of TV game primarily. I am writing the impressions about animation, movies and reading other.
<< 美沙子、SKYRIMにアマゾネス軍団を夢見る。(ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム) | TOP | 美佐子、女だらけのSKYRIMで大冒険。ポロリもあるよ。(ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
| - | - | -
美佐子、SKYRIMでウィンターホールド大学にご入学。トルフディル先生がイヤらしい目つきで個人教授。(ジ・エルダー・スクロールズ・ファイブ・スカイリム)



The Elder Scrolls V: Skyrim/ベセスダ・ソフトワークス/XBOX360

 序盤からいくつかのクエストでウィンターホールド大学にずっと入りたいと思っていたのだが、マジカ(魔力)のレベルが低くて入学試験の魔法を発動できなかった。いろいろクエストを消化してレベル20に至りようやく合格。
 


 
 そこで登場したのが、いかにも人の良さそうな学者風のトルフディル先生(下の写真の右のオッサン)。どうやら美佐子がいたくお気に入りの様子で、入学早々から遺跡見学までベッタリの個人教授の様相であった。まあなんとなく隣の奥さん的な美佐子のようなタイプは年増の色気がありますからジジイは大好きなんでしょうな、きっと(ただの妄想)。
 


 
▼ウィンターホールド大学で寮の一室をあてがわれた。ここに物を保管しとけば良かったのにすっかり忘れて邪魔な物全部売っぱらってた。失敗だったか。

 
▼お気に入りだった赤い「吸血鬼の鎧」を装備してすでにかなり沢山のクエストをこなして来たが冒険はまだまだこれから。




 
 さらに、次のクエストを探している時になんとなく、ドラゴンズリーチに行ったら死んだはずのリディアと再会。食卓について、パン食ってた。生きてたのかよアンタ…。ダンジョンのトラップで火だるまになったままヒクヒクして動かず話すこともできなかったので、てっきり死んだものだと思ってたよ。
 


▼そして従者ともどもいよいよ装備を本格的に強化し始めた。
 
 あの時は放っておいて前に進むより仕方なかったわけだが、そうか、ここで従者になってもらったんだよね。すっかり忘れてた。ようするに置いてけぼりを喰らった従者(コンパニオン)はデフォルトの居場所に戻るというそういうことだった。たぶん、そういう可能性も多少頭にあったが失念してた。そう言えば敵にやられて死体になった時は持ち物を覗き見られるが、あの時はそれができなかったな。
 というわけで再びリディアとともにアマゾネス軍団結成。
 
 

JUGEMテーマ:ゲームノカンソウ
 
 
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
09:42 | オブリビオン/スカイリム | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
09:42 | - | - | -
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://yokozawa.jugem.jp/trackback/809
トラックバック